lawyerseye さんが 2019/04/25 に更新
【弁護士EYE】弁護士が専門家として介在する意味

【弁護士EYE】弁護士が専門家として介在する意味

我々弁護士のもとに相談に来る人は、色々と事前情報を入れて来られる方が多いです。

事前情報 相談

 インターネットが普及した現代においては、自分に興味があることは簡単に調べられますから、当然の現象といってもいいのでしょう。多くの情報を持っているから離婚条件を決める交渉がうまくいくかというと、それは実はそうとも言えません。
 離婚の現場では、養育費をどうする、財産分与する財産をどうする、親権をどうする等、物事を決めるために交渉が重要です。交渉がうまくいくかどうかに、情報の多寡は関係もしますが、最も重要なのは、相手が何を考えているか的確に把握し、拒絶、応諾を適宜適切に使い分けることです。
 こちらが不要であるが、相手が必要なものは相手に与え、相手にメリットを感じさせる一方で、こちらが本当に欲しいものを獲得する。
 これは、必要なときに、適切なカードの切り方をしないと成し遂げるのは困難です。そこに我々弁護士が専門家として介在する意味があると思っています。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。


【弁護士EYE】離婚相談の内容で離婚問題を法的に全く必要のない内容であることが多い理由

【弁護士EYE】離婚相談の内容で離婚問題を法的に全く必要のない内容であることが多い理由

弁護士に相談に来られる方の話す内容の半分ぐらいは、離婚問題を法的に解決するのに全く必要のない内容であることが多いです。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。