lawyerseye さんが 2019/04/22 に更新
【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。

その言葉 流行

 例えば、「仮氏」、「セカンドパートナー」といったもので、新たな恋愛関係や夫婦関係を定義づけるものです。
 ちなみに上記の質問に対する回答は、いつも「いや、聞いたことないです」となります。もちろん、弁護士の仕事はどちらかという男女間のトラブルに関するものが多いのに対して、新たな男女関係を表す言葉が、そもそも前向きなもので、トラブルとは直接関係ないのが最大の理由と思いますが、「本当に流行っているのかな?」という疑問に思うことも少なくありません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。