弁護士EYE

弁護士が解説する離婚問題


【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。


【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

もし余命を宣告されたら、残される家族のため、自分自身のために、自らの身辺を整理したいと考える方が多いと思います。


【弁護士EYE】ガンが理由で離婚はできるのか?

【弁護士EYE】ガンが理由で離婚はできるのか?

癌になったら離婚できる?日本でそんな理不尽な判断がなされることはありえません。


【弁護士EYE】見栄えや身体的変化を理由に離婚できるのか

【弁護士EYE】見栄えや身体的変化を理由に離婚できるのか

見栄えや身体的変化を理由に離婚できるのか。


【弁護士EYE】裕福層の離婚の場合

【弁護士EYE】裕福層の離婚の場合

富裕層の離婚の場合、あくまで私見ですが、二つのパターンに分類できます。


【弁護士EYE】離婚は癖になるのか?

【弁護士EYE】離婚は癖になるのか?

バツイチでおさまらず、バツサンも珍しくなくなってきたが、離婚は癖になるのか? 多重離婚経験者が陥る離婚理由とは? 離婚経験者の育った家庭環境に問題は?


【弁護士EYE】事実婚からの別れ

【弁護士EYE】事実婚からの別れ

カップルが何年も生活を共にし、子供も産まれているが、婚姻届を出しておらず、法律上の夫婦にはならない、ということがあります。


【弁護士EYE】裕福層の離婚の場合

【弁護士EYE】裕福層の離婚の場合

富裕層の離婚の場合、あくまで私見ですが、二つのパターンに分類できます。


【弁護士EYE】再婚からのトラブル

【弁護士EYE】再婚からのトラブル

厚生労働省の調査によると、再婚件数は、夫妻とも再婚の場合と夫婦どちらか一方が再婚の場合を合わせると、全婚姻件数の約4分の1を占めています。夫婦別にみると、平成27年(2015年)の「全婚姻件数に対する再婚件数の割合」は夫19.7%、妻16.8%となっています。


【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

育児に関する悩みが離婚につながるケースは、決して少なくないように思います。


【弁護士EYE】子はかすがい

【弁護士EYE】子はかすがい

鎹(かすがい)というのは、木と木をつなぐ釘のことをいいます。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


【弁護士EYE】別居のタイミング

【弁護士EYE】別居のタイミング

離婚を考えている人にとって、別居は一つの大きなターニングポイントになります。


【弁護士EYE】 財産分与

【弁護士EYE】 財産分与

夫婦における財産がどちらに帰属するかは離婚の際に問題になってきます。


【弁護士EYE】離婚するうえで世間体を重視するのは誰なのか

【弁護士EYE】離婚するうえで世間体を重視するのは誰なのか

離婚事件において、世間体を重視する当事者はあまりいないように感じます。


【弁護士EYE】正式に「離婚」が成立した後の手続き

【弁護士EYE】正式に「離婚」が成立した後の手続き

離婚届を提出する等して正式に「離婚」が成立した後にも、必要な手続きが色々とありますが、その内のいくつかをご紹介します。


【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

「不貞行為の相手方を訴えるためには」


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。