最新の投稿


別居との正しい向き合い方

別居との正しい向き合い方

そもそも別居とは夫婦それぞれが夫婦でありながら別々に暮らすことをいう。一般的に離婚を視野に入れた生活形態で、そのための第一歩といってもいいだろう。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


女は度胸、男は女々しい

女は度胸、男は女々しい

離婚は大変である。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


離婚したら報告すべき人たちとは

離婚したら報告すべき人たちとは

離婚は結婚と違って決して名誉なことではないので、できればあまり公にしたくないのが心情であろう。


【弁護士EYE】別居のタイミング

【弁護士EYE】別居のタイミング

離婚を考えている人にとって、別居は一つの大きなターニングポイントになります。


夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

携帯・スマホの中には人には見られたくない情報がいっぱい詰まっている。夫婦といえども勝手に携帯・スマホを見られては、不快を通り越し、信頼関係を損ないかねない。


【弁護士EYE】 財産分与

【弁護士EYE】 財産分与

夫婦における財産がどちらに帰属するかは離婚の際に問題になってきます。


事実婚は居心地がいい?

事実婚は居心地がいい?

事実婚。お互いが夫婦であるという意思を持ち、同居し生計を同じくする関係をいう。


【弁護士EYE】離婚するうえで世間体を重視するのは誰なのか

【弁護士EYE】離婚するうえで世間体を重視するのは誰なのか

離婚事件において、世間体を重視する当事者はあまりいないように感じます。


愛がないのになぜ離婚できないの?

愛がないのになぜ離婚できないの?

新婚以来、今も変わらぬラブラブな夫婦って果してどれだけいるだろうか?


【弁護士EYE】正式に「離婚」が成立した後の手続き

【弁護士EYE】正式に「離婚」が成立した後の手続き

離婚届を提出する等して正式に「離婚」が成立した後にも、必要な手続きが色々とありますが、その内のいくつかをご紹介します。


浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違い

離婚理由の大きな理由の一つに不貞行為がある。つまり、浮気、いや不倫……? 言葉の問題だがそもそも浮気と不倫の違いとは?


【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

「不貞行為の相手方を訴えるためには」


離婚は遺伝する!?

離婚は遺伝する!?

親が離婚していると、その子も離婚する?


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。


離婚している人は人間性に問題あり?

離婚している人は人間性に問題あり?

果して、離婚経験者は人間性に問題があるのだろうか?


【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

事実婚は、かなり法律婚に近い法的保護を受けることができます。


夫と離婚したいと思う瞬間

夫と離婚したいと思う瞬間

「結婚は地獄の入り口」なんて言い方がある。


【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

離婚原因の1つとして、不貞行為(「配偶者に不貞な行為があったとき。」(民法770条1号))があげられます。