最新の投稿


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。


作家・岩井志麻子の晩婚の“ススメ”

作家・岩井志麻子の晩婚の“ススメ”

23歳で早婚し、41歳で再婚した作家の岩井志麻子が自らの経験をふまえて晩婚の渋味について語った。


【弁護士EYE】重婚罪

【弁護士EYE】重婚罪

世界では一夫多妻制が認められている国もありますが、皆さんご存じの通り、日本では重婚は禁止され、民法第732条は「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」と規定しています。


サンコン、3人目の妻と4度目の結婚

サンコン、3人目の妻と4度目の結婚

外国人タレントのオスマン・サンコンが演歌歌手の北山みつきとの結婚が決まった。


カサンドラ症候群離婚

カサンドラ症候群離婚

まず、アスペルガー症候群(以下、AS)を御存知か。


【弁護士EYE】離婚後の共同生活

【弁護士EYE】離婚後の共同生活

夫婦が離婚した後も、お互いに同居を続けるということは、実はよくあることです。


後悔しない離婚とは

後悔しない離婚とは

ようやく離婚したものの後悔する人が少なくないという。


【弁護士EYE】介護疲れ

【弁護士EYE】介護疲れ

これまで「介護疲れ」を理由とした離婚など聞いたことがありませんでしたが、今後はもしかしたらそのような離婚が出てくるかもしれません。


介護放棄離婚

介護放棄離婚

同居35年以上の夫婦の離婚件数は、この30年で6倍になった。いわゆる熟年離婚だが、中でも近年、「介護放棄離婚」というのが目立つようになったという。


絶対に付き合ってはいけない男

絶対に付き合ってはいけない男

イケメンだろうが絶対に付き合ってはいけない男というのいがいる。遅かれ早かれ別れるのは必至で、不幸を呼び込む男である。


元カノに負けてなるものか

元カノに負けてなるものか

現在、ラブラブでも彼の元カノが気になって仕方ないという人がいる。


【弁護士EYE】話し合いで解決

【弁護士EYE】話し合いで解決

離婚にあたっては、2人で話し合い、協議離婚ができるのであれば、手続としては離婚届を作成し、市役所に提出するだけです。しかし、2人での話し合いがつかない場合は、法的手続を取る必要があります。


【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

いざ不倫の端緒を掴んで相手に慰謝料請求を行うとき、必要なのは何でしょうか。


不倫の引き際

不倫の引き際

経験者は語る。


【弁護士EYE】やりすぎは禁物

【弁護士EYE】やりすぎは禁物

相手が不貞行為を働いたとき、相手を怒りたくなるお気持ちはすごくわかりますが、やりすぎは後で自分に跳ね返ってきます。


いびき離婚

いびき離婚

独り寝の寂しさから、結婚して愛に満たされた添い寝を獲得した喜びも束の間、夫のいびきに離婚の二文字がチラつく人が少なくないという。


少子化と日本の将来

少子化と日本の将来

平成30年4月1日現在、日本の人口は1億2653万人で、前年同月比23万人減である。


【弁護士EYE】離婚で大きく問題になることの一つ

【弁護士EYE】離婚で大きく問題になることの一つ

離婚に際して、大きく問題になることの一つとして、お金の問題があります。


声優山寺宏一が離婚した田中理恵とは

声優山寺宏一が離婚した田中理恵とは

『新世紀エヴァンゲリオン』の加持リョウジや『ルパン三世』の銭形警部の声でお馴染みの声優・山寺宏一(57)が、7月に離婚したことをツィッターで発表した。


ゲス不倫離婚の渡辺謙の“ケジメ”

ゲス不倫離婚の渡辺謙の“ケジメ”

今年5月、俳優の渡辺謙(58)と南果歩(54)が離婚した。