最新の投稿


【弁護士EYE】離婚と貧困

【弁護士EYE】離婚と貧困

 離婚をすれば、幸せが訪れるのでしょうか。厚生労働省の調査によれば、労働者における平成27年の非正規雇用の割合は、37.5%(1980万人)となっています。


離婚は結婚生活の一つの通信簿

離婚は結婚生活の一つの通信簿

 「もうアンタの顔なんて見たくもない!」一時の感情の高まりで離婚を匂わす捨て台詞を吐くことはあるだろう。


【弁護士EYE】宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

【弁護士EYE】宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

 歌手の宇多田ヒカルさんがTwitterで「私が人生のパートナーに求めるものランキング最下位:経済力」と発言したことが話題になっているそうです。


宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

 歌手の宇多田ヒカル(33)が音楽活動を休止して5年余が過ぎた。


【よくある相談事例】夫の親の介護して亡くなった時の遺産相続方法

【よくある相談事例】夫の親の介護して亡くなった時の遺産相続方法

夫の親の介護をしていて、親が亡くなった場合、嫁は遺産を相続できません。


【よくある相談事例】年金分割

【よくある相談事例】年金分割

 離婚日の翌日から2年以内に、年金分割改定請求手続きを行うことで、婚姻期間中のいわゆる2階部分(例えば厚生年金や共済年金)の保険料納付記録を分割できるという制度です。


【よくある相談事例】養育費はどれくらいもらえるか

【よくある相談事例】養育費はどれくらいもらえるか

裁判所が養育費の算定表を公表しており、これが実務上の基準となっています。


【弁護士EYE】海外の家族法、日本の家族法

【弁護士EYE】海外の家族法、日本の家族法

 海外の家族制度を見ると、日本と異なり、夫婦の一方の意思だけで離婚が出来てしまう国や、一夫多妻が認められている国など様々な制度があります。


海外の離婚事情

海外の離婚事情

 先進国ほど離婚率が高いという。  なかでもアメリカは2組に1組が離婚し、増加の一途をたどっている。


【弁護士EYE】国際離婚は大変

【弁護士EYE】国際離婚は大変

弁護士の観点から国際離婚をみると、管轄(どの国の法律を適用するか)という問題、条約の適用の問題、外国への書類の送達の問題等、非常に多くのハードルを乗り越えなければなりません。


国際離婚は大変

国際離婚は大変

 愛は国境を越え、幸せを掴んだ国際カップルは年々増えている。  しかし、言葉だけでなく、習慣や文化の違いは決して低いハードルではないようだ。離婚トラブルも増えているのだ。


【弁護士EYE】信仰の違いを理由に離婚できない

【弁護士EYE】信仰の違いを理由に離婚できない

 信仰の違いを理由に離婚をできるか。信仰自体は、内心の問題であり、その違いだけで離婚はできません。


神さまは愛のキューピットか?

神さまは愛のキューピットか?

 信仰の違いで離婚に発展するケースが少なくない。  憲法20条で信教の自由が保障され、また法的にも宗教活動を理由に離婚は認められていないので、離婚は難しいはずだが……。


【弁護士EYE】結婚契約

【弁護士EYE】結婚契約

 あまりメジャーではありませんが、日本にも夫婦財産契約について定めた法律が存在します。


結婚契約……って?

結婚契約……って?

 そもそも結婚自体が契約みたいなもの。 「婚前契約」(=プレナップ)ともいい、離婚や死別に備えて財産の区分けをあらかじめ決めておくのを目的としている。


【よくある相談事例】弁護士費用を支払えない場合の対応方法

【よくある相談事例】弁護士費用を支払えない場合の対応方法

 法テラスによる「民事法律扶助」という制度があります。


【弁護士EYE】離婚式の法律問題

【弁護士EYE】離婚式の法律問題

 離婚を決めた夫婦が、「離婚式」を行うことがあるそうです。家族や友人を招待して、離婚に至るまでの経緯を報告し、結婚指輪をハンマーで壊し、最後には夫婦で離婚届に署名押印するとのことです。


離婚式

離婚式

 冗談ではない。離婚式がごく静かなブームを呼んでいる。結婚式のパロディみたいもの。


【弁護士EYE】離婚と少子化問題

【弁護士EYE】離婚と少子化問題

 未婚率と離婚率が上昇し、少子化に歯止めがかからないと言われます。


未婚も離婚も上昇、小国ニッポンへ

未婚も離婚も上昇、小国ニッポンへ

 今や日本は3組に1組が離婚する時代に入り、その割合はさらに上昇を続けているが、