最新の投稿


【弁護士EYE】また飛び出した、ほしのあき離婚説

【弁護士EYE】また飛び出した、ほしのあき離婚説

 芸能ニュースのコンテンツとして、離婚をしていないカップルについて離婚の危機とあおり、視聴者の関心を得ようとすることがよくあります。


また飛び出した、ほしのあき離婚説

また飛び出した、ほしのあき離婚説

 グラビアアイドルのほしのあき(39)にまたまた、離婚危機が囁かれている。  夫は「ポスト武豊」といわれた競馬界のホープ三浦皇成騎手(26)だが、当時、13歳年下が話題になった。


【弁護士EYE】ブラピとアンジェのセレブな離婚騒動

【弁護士EYE】ブラピとアンジェのセレブな離婚騒動

 不倫という修羅場を経て、結婚に至ったにもかかわらず、夫が浮気したということで浮気相手の女性に責任を追及したいという相談を受けたことがあります。まさに、離婚騒動の渦中にあるアンジェリーナ・ジョリーのようなケースでした。


ブラピとアンジェのセレブな離婚騒動

ブラピとアンジェのセレブな離婚騒動

 全米中がビッグカップルの離婚スキャンダルに沸いている。  ブラッド・ピット(52)とアンジェリーナ・ジョリー(41)が離婚調停に入った。


【弁護士EYE】結婚前の身元調査は違法?

【弁護士EYE】結婚前の身元調査は違法?

 2016年5月に結婚した女優の相武紗季さんの離婚が噂されているそうです。夫が経営する会社の違法行為や、夫の家族に問題があったという理由が疑われているとの報道がされました。


早くも囁かれる相武紗季の離婚の噂

早くも囁かれる相武紗季の離婚の噂

 かつて芸能人の結婚といえば、「いつ離婚するか」が話題だった。  最近は仲睦まじいカップルが多くて話題の矛先は変わりつつあるが、相武紗季(31)が久しぶりにスピード離婚の噂に上がっている。


【弁護士EYE】加護亜依の結婚、離婚、そして再婚

【弁護士EYE】加護亜依の結婚、離婚、そして再婚

 加護亜依さんの「離婚するのも大変だったから、結婚って無理だと思った」とのコメントですが、現実の事件を目の当たりにしていると、特に子供がいる場合、離婚というのは結婚の数十倍といっても過言ではないほどのエネルギーがいります。


加護亜依の結婚、離婚、そして再婚

加護亜依の結婚、離婚、そして再婚

 元モーニング娘の加護亜依が再婚した。いたいけな加護ちゃんも28歳。


【弁護士EYE】離婚とライフスタイル

【弁護士EYE】離婚とライフスタイル

 一般的な離婚原因として、すれ違いの結果、コミュニケーションがなくなり、気持ちが離れていくという話をよく聞きます。


離婚考「離婚率の高い職業とは」

離婚考「離婚率の高い職業とは」

 職業と離婚率は関係があるという。  たとえば、男女ともに弁護士や医者(特に精神科医)、看護士、エンジニアといった専門・技術職やサービス業は離婚率が高い。


【弁護士EYE】離婚後に関係が良好になる?

【弁護士EYE】離婚後に関係が良好になる?

 離婚前にあれだけいがみ合っていた夫婦において、離婚後に関係が良好となる、ということがよく見られます。


仲の良い夫婦はここが違う

仲の良い夫婦はここが違う

「夫婦で一緒に暮らしているかぎり、いつまでも仲良く笑顏で過ごしたい」 誰もが望んでいるが、3組に1組が離婚する時代である。ただ、円満夫婦を探ってみると、その秘訣は特別なことでないようだ。


【弁護士EYE】離婚と無縁な結婚生活を送る方法

【弁護士EYE】離婚と無縁な結婚生活を送る方法

 離婚と無縁な結婚生活を送る方法・コツはあるのでしょうか。  離婚事件に関わる弁護士としての職務は、①離婚したい人の離婚成立のために助言・行動すること、その逆に、②離婚したくないのにパートナーに離婚を求められている人が離婚させられないように助言・行動すること、に大きく分けられます。


離婚考「離婚とはまったく無縁な結婚生活」

離婚考「離婚とはまったく無縁な結婚生活」

 新婚当時のあの“ラブラブ”は一体何だったんだろう?  一方、何十年経っても今も変わらぬ生活を続けている奇特な夫婦もいるかもしれない。


【弁護士EYE】離婚はお金と子供の面での不幸をもたらす?

【弁護士EYE】離婚はお金と子供の面での不幸をもたらす?

 離婚は良いのか悪いのか。その答えは離婚した方、それも離婚して数年経つ方にしかわからないのではないでしょうか。


離婚考「離婚して本当に良かった」

離婚考「離婚して本当に良かった」

 深刻なDV被害にあっていた人にとって離婚は最善の選択だろう。  一般にも離婚のメリットはある。


【弁護士EYE】夫婦関係はどうすれば修復できるか

【弁護士EYE】夫婦関係はどうすれば修復できるか

 夫婦関係はどうすれば修復できるか。 夫婦間のトラブルを見ていると、夫婦間のコミュニケーションが不全となって発生していることが多いように思います。


離婚考「離婚したくなければ……」

離婚考「離婚したくなければ……」

 誰でも好き好んで離婚を望む人はいない。  結婚生活を続けていると、浮気や性格の不一致などで一度や二度、離婚への黄色信号が点滅するものだ。でも、離婚はしたくない。


【弁護士EYE】「離婚したくない」という相談は難しい

【弁護士EYE】「離婚したくない」という相談は難しい

 弁護士として扱う案件の中で、離婚を切り出されたが離婚したくない、というご相談はなかなか難しいものです。


メダリスト、離婚危機一発!?

メダリスト、離婚危機一発!?

 今では笑い話だが、リオ五輪卓球で個人で銅、団体で銀メダルに輝いた水谷隼が結婚式当夜、あわや離婚かの大失態をおかした。