最新の投稿


【弁護士EYE】裁判離婚は簡単ではない

【弁護士EYE】裁判離婚は簡単ではない

 日本では、協議離婚が出来ない場合、裁判で離婚をする必要がありますが、その場合「離婚事由がある」と裁判所に判断してもらわなければならないので、裁判離婚は簡単ではありません。


結婚が破綻しているのに離婚できないなんて

結婚が破綻しているのに離婚できないなんて

 結婚はハンコ一つで済むが、離婚はそのハンコを押すまでが長く険しい道のりである。


【弁護士EYE】イスラムの離婚相談にびっくり!

【弁護士EYE】イスラムの離婚相談にびっくり!

 国の経済状況と離婚については、それぞれの国民性もあると思うのでなんともいえませんが、これまでご相談を受けた件でびっくりしたのはイスラム法でした。


先進国は離婚大国

先進国は離婚大国

 日本は3組に1組が離婚しているというが、世界各国の事情はどうか?


【弁護士EYE】不倫は姦通罪?

【弁護士EYE】不倫は姦通罪?

タレントの矢口真里さんが、自宅での不倫現場を夫に目撃され離婚に至った件は、大きな話題となりました。


矢口真里、その後と不倫の代償

矢口真里、その後と不倫の代償

 アイドルグループ元「モー娘」の矢口真里の不倫劇は衝撃だった。


【弁護士EYE】山口達也のケースにみる「男女関係のあり方」

【弁護士EYE】山口達也のケースにみる「男女関係のあり方」

 結婚が、男女関係(LGBTの観点からすれば、それに限られませんが)において目指すべきものなのでしょうか。


【弁護士EYE】夫婦喧嘩の内容によっては離婚原因となる

【弁護士EYE】夫婦喧嘩の内容によっては離婚原因となる

 夫婦喧嘩は犬も食わないということわざがあります。夫婦喧嘩というのは、ささいなことで起こり、いつのまにか解決しているから、他人は干渉せず放っておけばよいとの意味でこのことわざは用いられます。


【弁護士EYE】「小倉優子 不倫相手である後輩の責任」

【弁護士EYE】「小倉優子 不倫相手である後輩の責任」

 本件で最も非難を浴びているのは小倉優子の夫であるが、ここでは視点を変えてその夫の不倫相手である「所属事務所の後輩」がいかなる責任を負うか考えてみます。


安達祐美の離婚と再婚、そして出産

安達祐美の離婚と再婚、そして出産

 2005年にスピードワゴンの井戸田潤とデキ婚した安達祐美。無事、女児を出産したが、井戸田とは「スレ違い」で4年で離婚した。


【弁護士EYE】夫婦喧嘩を理由に離婚はできない

【弁護士EYE】夫婦喧嘩を理由に離婚はできない

 夫婦喧嘩で頭を下げれば離婚を回避できるのか?  この答えは、イエスでもノーでもありません


理想的な夫婦喧嘩のあり方

理想的な夫婦喧嘩のあり方

 夫婦喧嘩にも流儀がある。  型があるわけではないが、あとあと禍根を残さない理想的な喧嘩の進め方である。


TOKIOの山口達也の自由勝手離婚

TOKIOの山口達也の自由勝手離婚

 8月5日、TOKIOの山口達也が離婚を発表した。


小倉優子、離婚危機でこりん星へ帰還

小倉優子、離婚危機でこりん星へ帰還

 元グラビアアイドルの小倉優子(32)が離婚の危機に。


【弁護士EYE】離婚や再婚はもはや珍しくない

【弁護士EYE】離婚や再婚はもはや珍しくない

 厚生労働省の調査によると、平成26年(2014年)の婚姻件数は約64万組であったところ、離婚件数は22万組であり、現代の日本では、約3組に1組は離婚に至ってしまうという計算になります。


夫婦喧嘩は夫婦円満の素

夫婦喧嘩は夫婦円満の素

 さて、世の夫婦はどのくらいの頻度で喧嘩をしているだろうか?


【弁護士EYE】若いカップルの離婚は悲観的なもの?

【弁護士EYE】若いカップルの離婚は悲観的なもの?

 少し古いデータですが、厚生労働省が公表した平成21年度「離婚に関する統計」によると、


新婚はラブラブどころか危険がいっぱい

新婚はラブラブどころか危険がいっぱい

 結婚生活は果してバラ色か?  新婚カップルならば、まだ期待が大きい分だけにバラ色に輝いているだろう。


【弁護士EYE】不倫発覚で子供がいたらどうする!

【弁護士EYE】不倫発覚で子供がいたらどうする!

「性格の不一致」に続き、離婚の理由として多く挙げられるものは、不倫です。


離婚への黄色信号

離婚への黄色信号

 離婚は突然、やってくるものではない。  必ず危機を知らせるサインがあるものだ。それに気づいて回避するか、気づかずそのまま離婚してしまうか。