最新の投稿


【弁護士EYE】夫婦関係はどうすれば修復できるか

【弁護士EYE】夫婦関係はどうすれば修復できるか

 夫婦関係はどうすれば修復できるか。 夫婦間のトラブルを見ていると、夫婦間のコミュニケーションが不全となって発生していることが多いように思います。


離婚考「離婚したくなければ……」

離婚考「離婚したくなければ……」

 誰でも好き好んで離婚を望む人はいない。  結婚生活を続けていると、浮気や性格の不一致などで一度や二度、離婚への黄色信号が点滅するものだ。でも、離婚はしたくない。


【弁護士EYE】「離婚したくない」という相談は難しい

【弁護士EYE】「離婚したくない」という相談は難しい

 弁護士として扱う案件の中で、離婚を切り出されたが離婚したくない、というご相談はなかなか難しいものです。


メダリスト、離婚危機一発!?

メダリスト、離婚危機一発!?

 今では笑い話だが、リオ五輪卓球で個人で銅、団体で銀メダルに輝いた水谷隼が結婚式当夜、あわや離婚かの大失態をおかした。


【弁護士EYE】DVが長続きする理由

【弁護士EYE】DVが長続きする理由

 子供の面前での夫婦同士のDVが子供に悪影響を及ぼすことは間違いありません。だからといって、そのような事情があるから夫婦がすんなりと離婚できるわけではありません。


面前DVは子供への心理的虐待

面前DVは子供への心理的虐待

 面前DV。  子供の前で家庭内暴力をふるう、これは児童虐待防止法に定められた明らかな心理的虐待でもある。心理的だけにとどまらず、子供は同種類の虐待を受けているに匹敵する影響を受けているともいわれている。


【弁護士EYE】熟年離婚は増加傾向に・・・

【弁護士EYE】熟年離婚は増加傾向に・・・

 離婚したくとも離婚を切り出せない理由という観点から見たとき、大きく分けて2つあると思われます。一つは子供の存在、もう一つは離婚しても生活ができるかという経済的事情、です。


夫婦の縁もお金次第

夫婦の縁もお金次第

 実にいろんな商売があるものだ。“離婚ビジネス”の一環として、「別れさせ屋」「復縁屋」があることはそこそこ知られたところだが、今では結構、幅を利かし需要もあるようだ。


【弁護士EYE】離婚と貧困

【弁護士EYE】離婚と貧困

 離婚をすれば、幸せが訪れるのでしょうか。厚生労働省の調査によれば、労働者における平成27年の非正規雇用の割合は、37.5%(1980万人)となっています。


離婚は結婚生活の一つの通信簿

離婚は結婚生活の一つの通信簿

 「もうアンタの顔なんて見たくもない!」一時の感情の高まりで離婚を匂わす捨て台詞を吐くことはあるだろう。


【弁護士EYE】宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

【弁護士EYE】宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

 歌手の宇多田ヒカルさんがTwitterで「私が人生のパートナーに求めるものランキング最下位:経済力」と発言したことが話題になっているそうです。


宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

宇多田ヒカルの離婚の噂と現場復帰

 歌手の宇多田ヒカル(33)が音楽活動を休止して5年余が過ぎた。


【よくある相談事例】夫の親の介護して亡くなった時の遺産相続方法

【よくある相談事例】夫の親の介護して亡くなった時の遺産相続方法

夫の親の介護をしていて、親が亡くなった場合、嫁は遺産を相続できません。


【よくある相談事例】年金分割

【よくある相談事例】年金分割

 離婚日の翌日から2年以内に、年金分割改定請求手続きを行うことで、婚姻期間中のいわゆる2階部分(例えば厚生年金や共済年金)の保険料納付記録を分割できるという制度です。


【よくある相談事例】養育費はどれくらいもらえるか

【よくある相談事例】養育費はどれくらいもらえるか

裁判所が養育費の算定表を公表しており、これが実務上の基準となっています。


【弁護士EYE】海外の家族法、日本の家族法

【弁護士EYE】海外の家族法、日本の家族法

 海外の家族制度を見ると、日本と異なり、夫婦の一方の意思だけで離婚が出来てしまう国や、一夫多妻が認められている国など様々な制度があります。


海外の離婚事情

海外の離婚事情

 先進国ほど離婚率が高いという。  なかでもアメリカは2組に1組が離婚し、増加の一途をたどっている。


【弁護士EYE】国際離婚は大変

【弁護士EYE】国際離婚は大変

弁護士の観点から国際離婚をみると、管轄(どの国の法律を適用するか)という問題、条約の適用の問題、外国への書類の送達の問題等、非常に多くのハードルを乗り越えなければなりません。


国際離婚は大変

国際離婚は大変

 愛は国境を越え、幸せを掴んだ国際カップルは年々増えている。  しかし、言葉だけでなく、習慣や文化の違いは決して低いハードルではないようだ。離婚トラブルも増えているのだ。


【弁護士EYE】信仰の違いを理由に離婚できない

【弁護士EYE】信仰の違いを理由に離婚できない

 信仰の違いを理由に離婚をできるか。信仰自体は、内心の問題であり、その違いだけで離婚はできません。