最新の投稿


【弁護士EYE】高額所得者の婚姻費用の支払義務

【弁護士EYE】高額所得者の婚姻費用の支払義務

夫婦が別居した場合に、夫婦間に所得差がある場合に婚姻費用の支払義務が生じますが、芸能人などの高額所得者はどのくらい支払わなければならないのでしょうか。


女性にとって離婚歴は勲章である

女性にとって離婚歴は勲章である

3組に1組が離婚する昨今、かつて離婚した女性を“キズモノ”呼ばわりしていた時代は終わった。


【弁護士EYE】親が問題に関わろうとする

【弁護士EYE】親が問題に関わろうとする

離婚問題に親が入ってくることがあります。


【弁護士EYE】実相から垣間見る関係の見直し

【弁護士EYE】実相から垣間見る関係の見直し

奥さんに浮気をされてしまった男性でご相談に来られる方がいますが、そういった方の多くは、モラルハラスメントをしている方です。


【弁護士EYE】どうしても別れたい

【弁護士EYE】どうしても別れたい

離婚案件において、「相手にいくら払ってもいいから別れたい」というご相談者が稀にいます。


復縁を成功させるテクニック

復縁を成功させるテクニック

「なんでこんなことになったんだろう?」


ラブラブなカップルの落とし穴

ラブラブなカップルの落とし穴

傍で見ていて暑苦しいカップルがいる。


不倫でも愛人でもいいの

不倫でも愛人でもいいの

既婚者を好きになってしまった女性の9割近くは最後は諦めるという。


『好き』と言われたけれど……

『好き』と言われたけれど……

恋の告白はなにも男性からとは限らない。


【弁護士EYE】ありふれた不倫裁判でも・・・

【弁護士EYE】ありふれた不倫裁判でも・・・

夫が勤務先の同僚である女性と長期にわたり不倫をしていたことが発覚し、これが許せなかった妻が、夫に対して裁判を起こしたという、これだけではありふれた不倫裁判なのですが、この妻が、夫と不倫相手の勤務先を一緒に訴えたという、少し変わった事件がありました。


不倫で後悔

不倫で後悔

不倫は危険な“ゲーム”である。


家庭優先だが、やめられない不倫

家庭優先だが、やめられない不倫

ふだんは何をおいても家庭を優先させるのに、ただ不倫には熱心な女性の話である。


【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

妻が、夫が不倫をしたといった場合、不倫相手について知りたいと考えるのは、おかしなことではありません。


離婚1年後に再婚を決意した市井紗耶香

離婚1年後に再婚を決意した市井紗耶香

アイドルグループの元モーニング娘の市井紗耶香(33)。現在、4人の子供を持つママタレントである。


【弁護士EYE】弁護士はカウンセラー?

【弁護士EYE】弁護士はカウンセラー?

弁護士にとって、離婚案件は純粋な法律問題というわけではありません。


失恋につけるクスリは新しい恋?

失恋につけるクスリは新しい恋?

「恋愛で受けた傷は恋愛でしか癒せない」という。


【弁護士EYE】夫婦双方の不倫

【弁護士EYE】夫婦双方の不倫

離婚裁判となるケースでも、夫婦双方が不倫しているということがありえます。例えば、夫が、妻の不倫(不貞行為)を理由に離婚を請求したところ、妻の方が、「夫も不倫をしているのだから、離婚原因にはならない。」と反論したら、どのように判断されるでしょうか。


夫婦お互い公認の不倫

夫婦お互い公認の不倫

不倫はこそこそやるもので、字面の通り、倫理にもとる行為で、まさにこそこそやるしかないのある。


【弁護士EYE】なぜかモテる人

【弁護士EYE】なぜかモテる人

弁護士の仕事をしていると、なぜモテるのかわからないけどなぜかモテる男性にたまに出会います。


おばさん語が恋愛を遠ざける

おばさん語が恋愛を遠ざける

結婚相談所のベテラン相談員から聞いた話である。