最新の投稿


【弁護士EYE】事実への視点

【弁護士EYE】事実への視点

野党第一党の女性政治家に不倫をしている疑いがあることが、先週号の週刊文春で取り上げられました。


政治家の不倫

政治家の不倫

政治家の不倫スキャンダルは流行なのか。


【弁護士EYE】パートナーの期待値

【弁護士EYE】パートナーの期待値

例えばパートナーの不貞行為が発覚したので離婚したい、というご相談を受けるとき、ひどく感情的かつ悲壮的なご相談者と冷静で淡々としているご相談者の2つのパターンがあります。


将来を託すのはこんな男

将来を託すのはこんな男

「イケメン」「気が合う」「お金持ち」等々、結婚する相手に求めるものはそれぞれ。


 【弁護士EYE】理想と現実

【弁護士EYE】理想と現実

結婚前に思っていたものと、実際の結婚生活が異なるものになっているということは誰にでもあるでしょうが、特に結婚前にきちんと約束したことであっても、相手が守らないという場合もあります。


結婚は人生の逃げ道になるか?

結婚は人生の逃げ道になるか?

なぜ結婚するのか?


【弁護士EYE】離婚の傾向

【弁護士EYE】離婚の傾向

離婚する人はその親も離婚していたというケースが多い、と言われることがあります。近年、日本でも3組に1組の夫婦が離婚するとも言われ、離婚自体が珍しいものとはなくなっておりますが、やはり、世間体を気にして離婚すること自体に抵抗のある方は多くいます。


いしだ壱成、また離婚

いしだ壱成、また離婚

俳優のいしだ壱成(42)が、今年8月に離婚していたことを報告した。


【弁護士EYE】うつからのエクソダス

【弁護士EYE】うつからのエクソダス

最近、「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(田中圭一、角川書店)が、書店で売れていると聞きます。


サザエさん一家は恋愛の達人

サザエさん一家は恋愛の達人

最近、毎週のように著名人の不倫スキャンダルが話題を呼んでいる。“文春砲”ばかりか“新潮砲”や“写真誌砲”も炸裂し、いまや“不倫列島ニッポン”と化しているが、これに「待った」をかけたのが国民的番組『サザエさん』だ。


【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

男と女の恋愛のうち、遊びではない、本気の交際というのは、お互いに結婚を意識した付き合い、ということができるでしょう。


本気なの? 遊びのつもり?

本気なの? 遊びのつもり?

最初は遊びのつもりが、本気になり、結婚しちゃった。


【弁護士EYE】男性の女々しさ

【弁護士EYE】男性の女々しさ

男とはなぜこれほどまでに女々しいのか。そう思うことが弁護士業務の中で何度もありました。


絶食系男子とは?

絶食系男子とは?

ごはんを食べない男の子のことをいうのではない。


【弁護士EYE】夫婦間で強姦罪(強制性交罪)は成立するか。

【弁護士EYE】夫婦間で強姦罪(強制性交罪)は成立するか。

夫婦の間であっても、同意なく暴行又は脅迫を用いて性交をした場合は、強姦罪(刑法改正により、強制性交罪と呼ばれるようになりました。)は成立します。


忙しいカップルほど長続きする

忙しいカップルほど長続きする

離婚の原因の一つにスレ違いがある。


【弁護士EYE】同居しているのに離婚に向かう家庭内別居

【弁護士EYE】同居しているのに離婚に向かう家庭内別居

物理的距離を乗り越えて愛を育む遠距離恋愛とは反対に、同居しているのに離婚に向かう家庭内別居についてご紹介します。


遠距離恋愛の可能性

遠距離恋愛の可能性

愛は距離をも乗り越える


【弁護士EYE】2人目なのに長男?

【弁護士EYE】2人目なのに長男?

再婚相手の女性に連れ子(男の子)がいて、その連れ子と普通養子縁組をした場合、戸籍上は男の子なら「養子」という続柄の記載がされます。


ダルビッシュに子供は何人?

ダルビッシュに子供は何人?

大リーグで活躍するダルビッシュ(31)は、実に子煩悩だという。