最新の投稿


失敗しない離婚の仕方

失敗しない離婚の仕方

離婚はかなりのエネルギーを必要とする。


【弁護士EYE】配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできない

【弁護士EYE】配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできない

配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできません。


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。


【弁護士EYE】結婚相手を選ぶ優先度

【弁護士EYE】結婚相手を選ぶ優先度

男性にとっても女性にとっても、結婚相手の料理が美味しいことほど幸せなことはありません。


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


離婚につながるやってはいけない3つ

離婚につながるやってはいけない3つ

離婚には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚の理由

【弁護士EYE】離婚の理由

離婚を求めるのは、男性からのものもありますが、平成27年度の司法統計年報によると、離婚を家庭裁判所に対して申立てた数は、妻からが47,908件、夫からが17,776件となっており、男性からの申立ては全体の4分の1程度です。


通勤時間が長いと離婚率がアップする

通勤時間が長いと離婚率がアップする

アメリカでの調査によると、通勤時間と離婚率に相関関係があるという。


【弁護士EYE】協議離婚とは

【弁護士EYE】協議離婚とは

離婚協議書は、調停や裁判など裁判所を使った離婚ではなく、当事者同士の話し合いで離婚できる場合に、離婚すること及び離婚で発生する権利義務(親権はどちらが持つのか、養育費はいくらでいつまで払うか、慰謝料はいくらか、財産分与の方法・金額、面会交流の方法など)を記載するものです。


熟年再婚の成功の秘訣

熟年再婚の成功の秘訣

熟年離婚は年々増加している。その一方、熟年再婚も微増ながら負けてはいない。


【弁護士EYE】弁護士が専門家として介在する意味

【弁護士EYE】弁護士が専門家として介在する意味

我々弁護士のもとに相談に来る人は、色々と事前情報を入れて来られる方が多いです。


誘拐結婚? そんなのアリ?

誘拐結婚? そんなのアリ?

「誘拐結婚」。女性を誘拐し、軟禁、説得して結婚してしまう。


【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。


「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

夫が浮気したら?


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。