最新の投稿


【弁護士EYE】不倫にもいろいろ

【弁護士EYE】不倫にもいろいろ

現在の刑法では、不倫そのものは罪とされていません。


F1レーサー佐藤琢磨、“結婚クラッシュ”

F1レーサー佐藤琢磨、“結婚クラッシュ”

F1レーサーの佐藤琢磨が週刊誌にフリーアナウンサーとの7年間にわたる不倫関係を暴かれた。


【弁護士EYE】扶養義務

【弁護士EYE】扶養義務

夫婦間には扶養義務があり、その内容は、生活保持義務、平たく言えば、相手が自分と同程度の水準の生活をできるようにする義務です。


高島礼子が高知東生と復縁?

高島礼子が高知東生と復縁?

昨年6月、覚醒剤取締法違反の容疑でラブホテルで一緒にいた女と逮捕され、同年9月に懲役2年執行猶予4年の判決を受けた俳優の高知東生(52)。その1カ月後には女優の高島礼子(53)と離婚した。


【弁護士EYE】不貞行為を牽制

【弁護士EYE】不貞行為を牽制

日本において裁判所が当事者に試験を課すというのはありませんが、ご相談の中には、不貞行為が奥様にばれた後に、奥様から奥様の誕生日や記念日を問う試験(?)をさせられて、その結果が散々であったため、最後に「次に不貞行為をした場合には慰謝料として500万円支払う」という誓約書を書かされた方がいました。


離婚のための試験~中国

離婚のための試験~中国

中国の四川省のある地域では離婚のために試験が義務づけられているという。


【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

プラトニックラブは不倫として離婚訴訟の俎上に載るのか?


セカンドパートナー

セカンドパートナー

セカンドパートナー。 既婚者でありながら夫や妻以外の第二の存在をいう。不倫? プラトニックラブというらしいが……。


【弁護士EYE】不貞行為の証明

【弁護士EYE】不貞行為の証明

不貞行為を裁判で証明しようとするとき、決定的になるものはやはりラブホテル等の一般的に性交渉を行うために用意された場所への出入りですが、それ以外にも証拠になるものはあります。


ウチ来る不倫

ウチ来る不倫

自宅に“連れ込み”不貞をはたらく。


【弁護士EYE】思い当たる節がある?

【弁護士EYE】思い当たる節がある?

過去のご相談者の中に、夫に出て行かれて、夫の弁護士から一方的に離婚を迫る通知が届いたという方がいました。


モラハラで奴隷と化した女性の悲劇

モラハラで奴隷と化した女性の悲劇

モラハラを長期間受け続けると、感覚が麻痺し無抵抗な奴隷と化してしまうという。


【弁護士EYE】問題が大きくなる前に相談を

【弁護士EYE】問題が大きくなる前に相談を

離婚のご相談を受けたときに、離婚についての話し合いや、その夫婦の関係が、どのような段階にあるのかは様々です。


理想の男を探すよりも作る方が早い

理想の男を探すよりも作る方が早い

結婚はしたいんだけど、なかなか理想の男性に巡り合えい。


【弁護士EYE】アンプラグドな不倫

【弁護士EYE】アンプラグドな不倫

現代の不倫は、すべて電子データによって裏付けされています。


不倫相手

不倫相手

女性誌やネットのアンケート、マーケットリサーチによる既婚女性の不倫のお相手についてである。


【弁護士EYE】別れ際のトラブル

【弁護士EYE】別れ際のトラブル

男女間の別れ際は確かに非常に厄介な問題を引き起こします。弁護士が直面する別れ際の問題は、夫婦間の離婚に限られません。


彼氏との上手な別れ方

彼氏との上手な別れ方

別れるのは実に厄介なことである。


【弁護士EYE】不倫のリスク

【弁護士EYE】不倫のリスク

世間は不倫の話題が飛び交っていますが、結婚しているにも関わらず不倫してしまった人間は、結婚相手から離婚を突きつけられることはよくある話ですが、自分から結婚相手に離婚してほしいと請求できるのでしょうか。


不倫をする女は“純粋”

不倫をする女は“純粋”

不倫に走るような女はある意味“純粋”である。相手の下心を見抜けないわけだから。